メリット

黒のファイルを手に持つ黒髪女医

2014年10月30日に品川美容外科で顔のたるみを取り除くことなどを目的としたフェイスリフト手術を受けた女性ら40人が品川美容外科を運営している法人を提訴したのですが、提訴した女性らは手術を行う前に合併症や効果に対して、強引な勧誘をされただけではなく、しっかりとした説明を事前に受けないまま手術を受けたことで脱毛や痛みなどといった合併症を引き起こしたとして品川美容外科を運営している法人を提訴しました。 品川美容外科を運営する法人を提訴した女性らはこういった訴状内容で計約8800万の損害賠償金を請求する訴訟を東京地裁に起こしました。 こういった集団訴訟に関しては背景準備が把握しやすい面があり、立証準備がしやすい、美容整形における問題点を世間に浸透させたりメディアや裁判所にアピールできる、再発防止につながるなどのメリットがあるようです。

今回の品川美容外科を運営している法人に対して女性ら40人が損害賠償金を請求する集団訴訟を東京地裁に起こした件については、トラブルが起きてしまった事実を変えることはできません。しかし、この事実が品川美容外科をはじめとする美容外科全体のイメージダウンというわけではありません。実際にこの事件を受けて、当事者である品川美容外科はもちろんのこと、全体的にサービスと技術の向上を目指されています。そう考えると、この一連の訴訟問題は、ニーズのある美容施術をさらに良くする為に活かされた教訓となったと言ってもいいでしょう。こうした動きが美容業界全体を盛り上げることになり、満足できる美容施術が受けられる体制に変わっていくのです。